DeAGOSTINII 1/8 McLaren MP4-23(本塗装編「レッドエリア=サフェーサー&ロケットレッドマスキング第2段階」)Vol.4!!

ロケットレッドまでのマスキングを地道に進める!!
(本塗装編「レッドエリア=サフェーサー&ロケットレッドマスキング第2段階」)Vol.4!!

McLaren MP4-23- NO.257
まず本編塗装工程の記事ですが、順を追ってご紹介したいと思っています。
なので、同じような記事が続く事をお許し下さい。
ロケットレッドを塗装する為のマスキングをしていきます。
大半はシルバーマスキングをしているので、前回よりはスムーズに進みますね。
ただやはり境界線は正確にマスキングしていかねばいけないので、そこそこ時間はかかります。





d0357074_01030613.jpg



レッド塗装まではこのまま突き進みます。
今回のマスキングはシルバーとレッドの塗り分けパーツのものだけになります。







d0357074_01030646.jpg



リアカウルのシルバーマスキングの塗り分けを拡大してみました。
この仕切りより今度はレッド部以外のマスキングをしていきます。
普通に見てるとかなり滑らかですが、マクロでクローズアップし撮影ているので表面の微粒子の肌あれがわかります。
この後、2段階の塗装をしますがミラークローム前の塗装面はもっと滑らかにしなければいけません。
サフェ段階でかなり整えておかないと今後の塗装に影響を及ぼすのは言うまでもありません。





d0357074_01030601.jpg



リアウイングは塗装しにくいと思います。
パーツに穴は開いてませんし、クリップで摘む箇所もありません。
そういう場合は接着箇所を利用し、このようにネジ止めして摘む箇所を作ってやります。
そうすれば片面づつ塗装しなくて済み、一気に塗装が出来ます。
ウレタンクリアの場合、この片面づつ塗装する工程が時には致命傷になる場合がありますから。[E:sweat01]



d0357074_01030636.jpg











リアカウルのマスクが出来ました!!
最近マスキングのコツを掴んだのか、結構楽しかったりします。
いや~、慣れってコワイもんスね~!![E:delicious]





d0357074_01030726.jpg





アンダーパネルのレッドマスキング完了!!
どんどん進める~~!![E:happy01]















d0357074_01030791.jpg



ノーズの先端も、デカールに備えマスキング!!









d0357074_01030710.jpg









お次は、Fウイング2枚の裏面マスキング!!





d0357074_01030730.jpg











アッパーボーダーウイングなんて楽勝でしょ[E:good]





d0357074_01030782.jpg













エンジンカウルも難易度は低いです!!







d0357074_01030837.jpg











コイツが一番手間かかる!![E:sweat01]
ロワーエンジンカウル。
でもシルバーマスキングを大方使うので、比較的楽です。[E:happy01]





d0357074_01030895.jpg











最大のパーツ、モノコック!!
マスキングのカーブが一番強い箇所!!
ミクロンマスキングテープを使えば、結構短時間で出来る!!



さてお次は、レッド下地を整えていきましょう!![E:good]







d0357074_01030821.gif





人気ブログランキング参加中[E:happy01]
お気に召されたならポチッとな[E:cat]
































by nightrotroom2017 | 2013-04-09 23:33 | McLaren MP4-23-CUSTOM