DeAGOSTINII 1/8 McLaren MP4-23「モノコックエリア」各種パーツ補強!!

組立による「モノコックエリア」各種パーツの補強をしていく!!
McLaren MP4-23- NO.218
モノコック内部は一旦止め、気が付いた補強を進めます。
今回の記事は今後、このモデルで大事な組み付けが行われていくのと、クリアランス調整の為に一体化するには接着だけでは危険ではないか?と思われる箇所の補強をしていきます。







d0357074_01015562.jpg





そもそも接着剤の強度ってこのような大型モデルにはどうなのかな?と思う所があります。[E:think]





テンションがかかるカウルパーツ等は時に不安で仕方がないという所もあります。
恐ろしく手間のかかる塗装工程の挙句の果てに接着箇所にヒビが入ってしまった…
テンションがかかる部分が経年劣化で亀裂が入ってしまったって事があり得ることも踏まえ出来るだけネジで強化していく案を出していきます。





d0357074_01015538.jpg



まずこの部分からです。
「McLaren MP4-23- NO.214」でもご紹介したラジエーターマウントの取付案です。
ラジエーターマウント底面の追加やロワーエンジンカウルの着脱式の為に取り入れたネジ止め工程の為、後嵌めが出来なくなりました。
モノコックに取り付けた状態でエンジン共々、アンダーパネルに置いていかなくてはいけないのでネジ止めによる固定を行います。
その為に仕込んだモノコック裏面内部(画像の位置)の極太プラ版。
コレを多用途接着剤で固定し、外側からネジ止めしようという魂胆です。





d0357074_01015508.jpg





モノコック内部はまたまたマスキングをしてストーン調塗装をしております。
ラジエーターマウントの画像の位置に1mmの穴を2ヶ所開け気味に開けます。
注意しなければいけないのは先ほどモノコック内部に仕込んだ極太プラ板に穴が開けられる位置にあるかどうかですね。







d0357074_01015578.jpg



モノコック内部に仕込んだ極太プラ板の結構上側に穴の位置が来ますが、固定出来ればいいのでこれでいいです。





d0357074_01015633.jpg









左右ともM1.4×7鍋ネジで止めていきます。
この時点でモノコックには「第57号」の「ミドルサイドポンツーンカウル左右」を取付けて一体化にしてあります。









d0357074_01015688.jpg





モノコックとラジエーターマウントが合体した図。





d0357074_01015620.jpg













ラジエーターマウント裏面です。
ここにも画像の位置に極太プラ板を仕込んでいます。
ココは全く見えなくなる位置なので丁寧に作りこまなくてもいいとは思いますが、一応着脱式なので形は整えておきましょうか。





d0357074_01015611.jpg







ラジエーターマウント裏面と固定する1.5mmの穴をアンダーパネル裏面から開けます。
その後ネジの頭が潜り込むように2.5mmで先端のみ穴を広げます。
強化の事を考えるとアンダーパネルに穴が増えていくのはもう仕方がないです。
ココはリアル重視より安全な方をとっていきます。





d0357074_01015650.jpg









一度アンダーパネルに組み込みラジエーターマウント裏面と合わせ穴を開けます。
M1.7ネジでタップを付けていきます。
ラジエーターマウントは配置すると斜めになるので前後のネジの長さを変える必要があります。
選んだのは鍋ネジ、前M1.7×10 後M1.7×8





d0357074_01015694.jpg



コクピットフレームの前方です。
とにかくいくらどんな接着剤で付けても、コクピットと組み付け時に取れまくってしまうのがこの部分!!
もう接着では無理!!と表裏ともアルミシートで貼りつけました。
これでも剥がれるのか??





d0357074_01015747.jpg







マスキングの事を考えなければこの組立順が理想なんですが…
モノコックにラジエーターマウントを固定したあとコクピットフレームを斜め下から嵌め込んでいきます。



この時点でモノコックとコクピットフレームとを固定するタッピングネジを締めるといいでしょう。







d0357074_01015721.jpg











嵌ったら、ノーズアンダーパネルをはめ込みます。
コレが結構難しいっ!!











d0357074_01015746.jpg



全てを組み込んだら「McLaren MP4-23- NO.216」で「コクピットフレーム(前)」に仕込んだプラ板の出番です。
ココを左右ともM1.4×5、2本で締めます。
その後ろにもう1ヶ所左右M1.4×3を追加してます。



d0357074_01015706.jpg











ココの浮きが激しいです!!
たぶんラジエーターマウントやアンダーパネルに組み込んだ時にはもう少しマシにはなりそうですが、着脱式にするには単品でかなりのテンションがかかっており、とても接着剤だけでは持ちこたえそうにありません!!





d0357074_01015791.jpg









ネジ止めするにはスペースや、パーツの厚みが足りません。
モノコック面に引っ掛ける為の0.8mmピンをノーズアンダーパネルに埋め込みます。









d0357074_01015713.jpg



接着無しでここまで合うようになりました。
ピンはギリギリ、ラジエーターマウントにかからないようにしておきましょう。



さて、次回はF1モデラーさんたちが非常に気になるカスタムをしてみます!!
お楽しみに!!







d0357074_01015866.gif







人気ブログランキング参加中[E:happy01]
お気に召されたならポチッとな[E:cat]
























































by nightrotroom2017 | 2012-12-02 15:03 | McLaren MP4-23-CUSTOM