DeAGOSTINII 1/8 McLaren MP4-23下地製作(ノーズアンダーパネル編「第1期」)!!

シルバーとレッドの境界線マスキング作業をどう簡素化するか!!
下地製作(ノーズアンダーパネル編「第1期」)!!

McLaren MP4-23- NO.200
下地製作第2弾は「ノーズアンダーパネル」へ移行します。
ココも出来る範囲での作業となりますが、後に追加加工しやすい状態までは処理しています。
気になる今後の作業は3ヶ所にある「アンダーパネル」との取付ビスの加工ですね。
少し頭を使うことになりそうです。[E:think]





d0357074_01012771.jpg



パーツは「第39号」の「ノーズアンダーパネル」「アンダーモノコックパネル」「ロワーサイドポンツーンカウル左右」を使用。



今回の主な作業は分割線消しです。
特に変わったカスタムは追加していません。

































































d0357074_01012745.jpg







塗装は削り落としではなく、いつもリムーバーで落としています。
コイツは筆で塗って何回か擦ると落ちてくるのですが、あまり放置はしないほうがいいですね。
若干面が荒れます。
シルバー部は簡単に落ちるんですが、レッド部はなかなかです。
ある程度落ちたら全く落ちなくなります。
さて、ココで皆さんがかなり苦労された工程の処理をどうしていくかを検証してみましょう。[E:coldsweats01]





d0357074_01012759.jpg



リムーバーは面を削らないので落としていくうちにシルバーとレッドの境界線が浮き出てきます。
コレを利用します。
赤の箇所のヒケなどはわかりませんので、ある程度塗装を落とした状態でサフェを吹きます。





d0357074_01012730.jpg







サフェはクレオス1200グレーを使用します。
うっすら確認できますよね。
かなり薄いので段差はさほどありません。
ココに合わせてマスキングテープを貼り、塗装していこうという魂胆です。[E:smile]
でも完全に消えるパーツもあるようなのでそこは考えなければいけないです![E:think]







d0357074_01012805.jpg



分割線を消す箇所は削ります。
ABS接着剤で数時間固定したら瞬間接着剤で更に固定し、隙間を埋めていきます。



1日固定!![E:sun]





d0357074_01012832.jpg









瞬間接着剤を削り、パテで微かな窪み等を修正しながら微調整していきます。







d0357074_01012835.jpg











もちろん裏側も。[E:sweat01]



意味はありませんね…







d0357074_01012879.jpg











削れたら全体にサフェ吹き付け!!



うん!!こんなもんでしょう!![E:delicious]





d0357074_01012847.jpg













内面もピン跡を前部削りとり、フラットに。
ココはギミックが乗るんですよね。[E:happy02]







d0357074_01012896.jpg











恥ずかしい?位置から。
見えなくなるけど、それでいい。[E:good]







d0357074_01012821.jpg







レッドの部分は、下地ホワイトサフェを吹きつけレッドの鮮やかさを引き出します。
境界線も見えてますね。









d0357074_01012922.gif









人気ブログランキング参加中[E:happy01]
お気に召されたならポチッとな[E:cat]




















by nightrotroom2017 | 2012-10-21 01:10 | McLaren MP4-23-CUSTOM