人気ブログランキング |

No.101 小さなホンモノ、NEWダンパーブーツを取り付ける事によって見いだせるモノ。

CUSTOM- NO.101



試験的に作成したクラッチケーブルダンパーブーツ。



あまりにも質感的によく出来たので取り付けた所、模型らしいダンパーブーツ周りとのギャップがあからさまに出てしまった。
その為、一時的にNEWダンパーブーツを取り付け、改良点を何点かピックアップした後、以前のものに戻す。



改良内容の1つが、今回作成していたステンレス製のディスクブレーキだ。
外円はいいとしても内円のプラ感等は、塗装で誤魔化せるものでは到底なかった。運良くステンレス加工企業に出会い、作成する事が出来た。
金属化する事によりNEWダンパーブーツとのギャップの差は多少なりとも縮まったのではないだろうか??



また、フロントケーブル関係の大幅変更やクラスプの導入等、そのマテリアルにも拘った。



もう一つの大いなる違和感、エンジンに置いてはもはや修復不可能なのでF&Wへの教訓として次回に備えたい。



今回のコンセプトである「De社らしい素材重視」という意味で、このディスクブレーキやダンパーブーツは今回のオリジナルには早すぎたパーツだったのかもしれない。
ただ、ホンモノに近づくという意味では大成功なのだが、少しコンセプトに無理があったのかと反省するボクであった………。



さて、次回記事にはこのNEWダンパーブーツ作成方法を掲載!!





d0357074_00454953.jpg


by nightrotroom2017 | 2009-07-29 19:47 | HARLEY-DAVIDSON 1990FAT BOY